Bücher, 日本語で

ドイツ語で何を読んだらいいか

いつかドイツ文学を読むことができたいドイツ語を勉強する人が多い。でも、最初に、何を読んだらいいかな。ゲーテとかの有名な文学は読みにくいし、単語は古いし、文法もう難しいです。そして子供の本を読むのはどうでしょう。

私の進めはJanoschの絵本です。絵とテキストのバランスは良くて、内容がわからないとき絵は助けとなる。また、文は主に主文ですから、読みやすいです。

Janoschの一番有名な本 Ach, wie schön ist Panama がこうして始まる:

„Es waren einmal ein kleiner Bär und ein kleiner Tiger, die lebten unten am Fluss. Dort, wo der Rauch aufsteigt, neben dem großen Baum. Und sie hatten auch ein Boot.“ (3)

この風に話が続ける。次のペーギはAmazonで読むことができる。

私は毎週会うと日本人(„Tandem-Partner“)その本を読んで初めて、とてみ楽しかった。まえはOttfried Preußlerの子供の本を読んでみたが、そんなにうまくいかなかった。だから、この本は進める。

Standard

Schreibe einen Kommentar